メーカー・卸

メーカー仕入れをするならホームページ制作が必須!?理由や作り方を解説

助手
助手
メーカー仕入れを始めるのに、専用のホームページって必要なのかな…?

ホームページがあったほうが、有利に取引を進められるぞい!
博士
博士

メーカー仕入れに取り組むならホームページは作っておくべきですが、事前におさえておくべきポイントがいくつかあり、それらを知らないままページを立ち上げてもあまり意味がありません。

そこで本記事では、メーカー仕入れにおけるホームページの重要性や作成する際のポイントを解説していきます。後半ではホームページに記載すべき具体的な情報も紹介するので、ぜひ参考にしてください!

メーカー仕入れに取り組む前にホームページを作るべき理由

まず、メーカー仕入れに取り組む前にホームページを作るべき理由を2つ解説します。

  1. ライバルと差別化できる
  2. メーカーからの信頼度がアップする

1.ライバルと差別化できる

メーカー仕入れでホームページを作成すべき1つ目の理由は、ライバルと差別化できるからです。

昨今は仕入れ値より高い価格で商品を販売して利益を得る「せどり」という仕事が徐々に認知され始め、多くの人が参入してきています。せどりから事業を拡大する際は、商品をメーカーから直接仕入れる「メーカー仕入れ」に挑戦しようとするルートが主流になりつつあり、ライバルは多いのが実情。今からメーカー仕入れに挑戦するなら、何かしらの差別化が求められるというわけです。

とはいえ、ほとんどのライバルはメールだけのやりとりでメーカーと交渉を進めようとします。そこでホームページをメールに添えてメーカーに送れば、メーカー担当者の興味を引いてその後のコンタクトや取引につながる可能性が高くなるのです。

取引先の信頼感を得られるようなホームページを作っておけば、仕入れ先を増やしていくうえで有利になると言えるでしょう。

2.メーカーからの信頼度がアップする

メーカー仕入れでホームページを作成すべき2つ目の理由として、メーカーからの信頼度アップにつながる点もあげられます。

そもそも、メーカー仕入れできる取引先を見つけることにホームページの存在は必須ではありません。ただホームページであれば、自身の顔写真、ビジネスに対する思いをダイレクトに伝えられるため、メーカーの担当者に自分のことを深く知ってもらえるチャンスを生み出せます。

加えて、これまでの実績・事業内容がしっかり記載されていれば、メーカー担当者に「ちゃんとした会社」であることを伝えられ、信頼度アップにもつながるでしょう。

このように、ホームページを作成しておくと今後の取引につながる可能性が高まります。

メーカー仕入れに参入しようと考えているのであれば、早めにホームページを作成しておくことをおすすめするぞい!
博士
博士

メーカー仕入れに使えるホームページの作り方2選

次に、高度な知識がなくてもホームページを作れる方法を2パターンに分けて解説していきます。

  1. WordPressで作成する
  2. ホームページ作成サイトで作成する

ハイクオリティかつ本格的なホームページを作りたいなら専門の業者へ依頼するべきじゃが、基本的には今から紹介する方法で十分じゃぞい!
博士
博士

1.WordPressで作成する

1つ目は、ブログを作成するためのソフトウェア「WordPress」を使ってホームページを作成する方法です。

出典:WordPress

WordPressを使ってホームページを作成する場合、数千円程度の初期費用や毎月の維持費がかかるものの、デザインのカスタマイズができたり、高度な問い合わせフォームを作れたり、できることの幅が広いのが特徴です。

WordPressでホームページを立ち上げるのが難しいと感じる方は、外注してしまうのも1つの方法。ココナラなどで「WordPress 代行」といったキーワードで検索すれば、3~10万程度で対応してくれる業者は簡単に見つかります!

また独占販売やOEMといった取引には、メーカーの目を引くようなデザイン性の高いホームページが必須。今後の事業拡大を視野に入れているのであれば、カスタマイズ性の高いWordPressを使って最初からしっかりと作ってしまうのが得策と言えるでしょう。

2.ホームページ作成サイトで作成する

2つ目は、無料のホームページ作成サイトで作る方法です。

代表的なホームページ作成サイトはこちら。

  • Wix
  • Jimdo
  • ペライチ

このようなホームページ作成サイトを活用すれば、WordPressで作成する場合と比較して簡単かつ短時間でホームページを制作でき、費用や時間がかからないのが利点。あらかじめ用意されているテンプレートに写真や文字を当てはめていくだけでホームページを作成できます。

サービスによっては無料で作れるところもあるぞい!
博士
博士

ただしホームページ作成サイトは、WordPressのようにページを自由にカスタマイズすることはできず、デザインにこだわりたい人には向きません。メーカー仕入れが軌道に乗るまでは簡易的なホームページでいいと考えている人におすすめの方法と言えるでしょう。

メーカー仕入れに活用するホームページを作成する際のポイント3つ

続いて、メーカー仕入れに活用するホームページを作成する際に、意識したいポイントを3つ紹介します。

  1. 会社概要を作り込む
  2. 見やすさ・透明性を意識する
  3. お問い合わせフォームを設置する

1.会社概要を作り込む

1つ目のポイントは、ホームページ内の会社概要を作り込むことです。

そもそも会社概要とは、会社の全体像を大まかに説明したものにあたり、どういった会社なのかを把握するためのもの。会社ごとに記載する内容は微妙に異なりますが、以下のような内容を記載するのが一般的です。

基本的な会社概要の記載事項▼

記載事項 内容
社名(事業者名) 会社の名称。法人と個人事業主で記載が変わるので注意が必要。

  • 法人→社名
  • 個人事業主→事業者名・屋号
事業所の所在地 会社の場合は本社と支店の住所を、個人事業主の場合は事業所の住所を記載する。そのほか、Googleマップや交通機関のアクセス情報などを掲載するとより親切。
代表者・代表挨拶 代表者のプロフィール情報に加え、会社や事業に対する思い、今後の構想などを記載する。代表者の顔を掲載するとより親しみが出るので、顔写真を載せるのがおすすめ。
設立(創業)年月日 会社の設立の登記を行った日。法人と個人事業主で記載が変わってくるので注意が必要。

  • 法人→設立年月日
  • 個人事業主→創業年月日
沿革 企業が現在に至るまでの経緯をまとめたもの。沿革を充実させると会社の歴史が分かるうえ、これまで健全に運営されてきたことをアピールでき、企業の信頼性を高めるために重要な要素となる。
資本金 会社が事業を始めるにあたって過去に出資を受けた額の合計額。資本金は企業の手元資金にあたるため、その額の大きさは企業の規模を示す目安とも捉えられる。資本金が多いほど「事業の規模が大きく、安定した経営をしている会社であり、安心して取引できる」という印象を与えられる。
売上高 会社がサービスや商品を提供することにより稼いだ、売上金額の総額のこと。会社が最終的にどれだけの利益を出しているか把握する際の源泉となるため、非常に重要。
事業内容・経営理念 会社全体で見たときの仕事内容のこと。メーカー仕入れに使うホームページの場合は、以下のような項目を伝えるケースが一般的。

  • 販売実績(アマゾンで○年、楽天で○円、…)
  • オンライン販売の経験年数
  • 取り扱っている商材
  • 意気込み

そのほか、自分以外にも仕事に従事している人がいる場合は従業員数も記載しましょう。すでに取引している企業がある場合は許可をもらったうえで企業名を掲載するのもおすすめです!

このような情報を充実させることで、メーカー側も「しっかりした会社なので取引しても大丈夫だ」と安心し、取引に進める可能性がアップするでしょう。

2.見やすさ・透明性を意識する

2つ目のポイントは、ホームページの見やすさや会社の透明性を示すことを意識して作成することです。

メーカーの担当者があなたのホームページを見るということは、多少の興味を示しているということ。よって、会社概要やあなたのプロフィールはくまなくチェックされる場合がほとんどです。

クリックすべきボタンの位置を大きくしてホームページ内を回遊しやすくしたり、最低限の文字数で分かりやすく伝えたりする工夫が必要です。

またホームページは「信頼できる会社かどうか」「怪しくないか」という視点で見られることが多いので、会社の代表者の人物像や企業としての理念をしっかり伝えることも意識しましょう。

写真を掲載し、会社の様子を視覚的に伝えるのも効果的じゃぞい!
博士
博士

3.お問い合わせフォームを設置する

3つ目のポイントは、お問い合わせフォームを設置し、コンタクトをとりやすくすることです。

ホームページにお問い合わせフォームがないと、メーカーがネット検索からあなたの会社に興味を持ってくれたとしても、連絡をとる手段がありません。つまりビジネスチャンスを逃す可能性があります…。

だからこそ、お問い合わせフォームは分かりやすい場所に設置して、いつでもメーカーとコンタクトが取れるようにしておくのじゃ!
博士
博士

また、昨今はSNSでの発信内容も重要視される傾向にあります。会社が運営しているTwitterやInstgramなどのSNSもホームページから見られるようにしておくと、より会社のイメージがつきやすくなるでしょう。

メーカー仕入れに使うホームページのサンプル

なお当サイトでは、これからメーカー仕入れを始める方の見本となるサンプルのHPを用意しました。

こちらのサイトでは、企業理念や事業内容、会社概要など必要最低限の情報をまとめています。メーカー仕入れに使うホームページは見本サイトのように、1ページ完結でも問題ありません。メーカーの担当者があなたのホームページを訪れたときに、簡単に目を通せるくらいシンプルなデザインにすると良いでしょう。

これからホームページを立ち上げようとしている人は、ぜひ参考にしてみてください!

>サンプルサイトはこちら

まとめ:ホームページを作成してメーカー仕入れできる取引先を増やそう!

以上、メーカー仕入れでビジネスを拡大していこうと考えるのであれば、ホームページを作っておいて損はありません。

そして、どのようなホームページを作成するにしろ会社概要の記載やお問い合わせフォームの設置は必須。自身のことや会社・事業のことをメーカー側に過不足なく伝え、取引につなげるためにも、しっかり作り込んでください。

本記事を参考にホームページを活用して取引できるメーカーを見つけ、売り上げを拡大していくのじゃ!
博士
博士

コメント

この記事へのコメントはありません。